2017/09/22

直接

Nintendo Switchには特定の日付&アクションで起動する隠しゲームあり、故・岩田聡氏の命日に起動
おっとリンクを間違えました。

Wal-Mart tests delivering groceries straight to fridge
直接冷蔵庫ですか。このところのウォルマートの動きはなかなかおもしろいものがありますね。
ちなみにAugust Homeなるものを初めて知りました。

intermission - エンタングル
量子テレポートの話ですが、日本人の研究開発も世界と伍して戦えるレベルにあるのに、いかんせんそれが直接国益に結びついていないようで残念です。
「舞浜の空は青いか」

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

McDonald's (MCD) 増配7.4%

マクドは42年連続増配。
いつだったか衛生面がうんたらかんたらのときに少しだけ買い増しできたんですが。
今確認したらポートフォリオで二番手のサイズでした。
もっと買い増ししておくんでしたね。
YoC 4.4%

intermission - じぇしーおいたん
シーズン3見てこよう。
ネットフリックスはコンテンツに金かけてるはずなのにオリジナル作品で面白いのが少ない気がする。
なんでやねん。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/17

英国企業の配当金

配当侍さんの 新規投資候補 - BTI で知りましたがBTIが配当金支払いを年2回から4回に変更するとのことです。

ちなみに私はいくつかの英国企業に投資しているので各社のベース通貨と支払い回数を再確認してみると

BP ドル、年4回
BTI ポンド、年4回(2017年までは年2回)
DEO ポンド、年2回、4月と10月に4:6の割合で
UL ユーロ、年4回
VOD ユーロ(2016年まではポンド)、年2回

となっており、ポートフォリオの年間配当総額のうち10%ちょいが為替に影響されます。(ドルからみた場合で、円からみれば当然100%です)
現地通貨ベースでは増配しててもドルベースで減配となることがあり、影響がけっこうおおきいですね。
ちょうど前年がそんなかんじでした。

配当金支払いは年1回のほうが支払処理にかかるコストセーブができていいんじゃないのという見方もあるかと思いますが、私は四半期ごとの支払いでまあいいんじゃないの派です。
例えばVODの場合ドル換算レートは配当支払いの前週5営業日平均で決まっていますが、年4回になればレートの影響も多少はましになりそうです。BTIがどういう換算をしているのか確認はしていないのですが・・・

intermission - my turn!
台風の影響で三連休ずっと雨の予報だったのでおそまきながらネットフリックスでHouse Of Cardsの最新シーズンを。といいつつなぜか今日は雨が降っていなかったので少し走ってきました。
ねたばれになるといけないので内容は書きませんが、もしかすると次のシーズンこけるかもという不安のある終わりかたでした。いい意味で予想を裏切ってほしいと思います。
他にはサザーランドのdesignated survivor、フラーハウス(ただし過去作を知ってる人に限る)とかオススメです。
コンテンツに多額のCFを投下しているのを知っているだけに申し訳なく思いますがたぶん1ヶ月しか利用しません。
さて他に何を見ようかな。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/16

そんなにアルファがほしいのか

もし私が今20才なら毎月自分が生み出すキャッシュフローから投資に振り向けられる全額をDIA,SPY,VTIあたりに投げ入れ続けることで投資行動は充分だと考えるでしょう。
残念ながら今の私は20才という通過点を遠い昔に通過してしまっているので別の投資行動をとっているわけですが、それでもアルファを狙っているわけではありません。
もちろんアルファがあるにこしたことがないのは言うまでもありません。
今というか正確には数年前に考えた自分の将来に必要と思われる投資目標を達成するために行動しています。
目標が達成されれば結果は市場平均の上になろうが下になろうがどちらでもかまわないと思っています。
もちろん上になるにこしたことがないのは言うまでもありません。

私と同じ考えの個人投資家は少なくないのではと思っているのですがもしかして違うのだろうか。
みなさんは大前提としてアルファを狙っているのでしょうか。
わたし、気になります!

intermission - れーこー
さーてちゃーでもしばいてこーか

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/13

autonomous Naval vessel

無人で休むことなく黙々と軍事作戦を遂行できる海軍の全自動船をロールス・ロイスが開発中

ロッキードマーチンのSR-72と同様に洋上でも無人化の動きがあるようです。
既に民間貨物船では技術レベルにおいては実用段階に達しているようですが、せやけどもし太平洋のどまんなかで止まってもーたらどーすんねん、とか色々クリアする問題は多いようです。

Disclosure:Long LMT

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

Philip Morris(PM) 増配2.9%

not bad, not enough
YoC 5.1%

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/10

アップル株とアルファベット株はマストバイ

なぜなら合(以下略)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

米国小売業の動向を知る

ブログリストにある”激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ”

小売業のコンサルをしてるかたのブログです。
当然広告的な意味合いのある発信もしているわけですが、それを差し引いても面白いです。

米国小売業界では返品は至極当たり前のことであると以前から言っていて、例えばユニクロは日本基準の展開をしているので返品規定が米国基準にあっておらず、いまのままでは米国で生き残っていくのは難しいとのことです。
また賞味期限の切れた開封済みかつ使用済みのピーナツバターを平気な顔して返品に行ったりしてどこまで返品を受け付けるのかとか各小売企業を実地で検証してたりします。

現在の小売業は多店舗ドミナント展開ではもう生き残ることは不可能で、出店抑えてIT投資が重要ということは何度も言われていますね。
アマゾンを含めて小売企業に投資しているかたは結構いると思うのでおさえておいて損はないブログだと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/08

Verizon (VZ) 増配2.2%

たぶん13回目の連続増配
YoC 5.3%

話はかわりますが円高に動いてますね。
当面ドルはじゅうぶんに足りているので次にドルを買うのは105円切ってからを予定しています。

Disclosure:Long VZ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/07

最近の取引

買:
日本企業 50万円
UTX $2,000

UTXはCOL買収後に特定事業のスピンオフなどは考えていないようです。
debt-heavyなtakeover、買収後のUTXが生み出すCFでdebtを返済していくため、今後4年程度buybackはhaltするとのこと。
配当は変更なしのようですが、ちょっとかわった5四半期ごとの増配が今後も続くのかは不透明。
あと当局の承認とりわけEU(あっちはエアバスがある)から承認が得られるかどうか。過去においてGEとHONとの承認はおりなかった。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/05

配当成長ポートフォリオの配当金(2017年8月)




月間増加率45.8%(前年同期比)
うち配当成長による増加8.5%
うち追加投資による増加37.4%

YTD増加率9.1%(前年同期比)
うち配当成長による増加1.3%
うち追加投資による増加7.8%

特別配当、還付金、配当月変更等々のため増減率は参考値です。
一部集計対象外の配当金があります。

今月はVODからの配当金がありましたがドルベースでの実質受取額が前年同期比+15%でした。
同社は現地通貨ベースで2%増配ですので為替の影響がプラス方向にかなりあったことになります。
確か前年はマイナス方向の影響が同じくらいありました。
以前から言っているように為替リスクへの対応は”受容”です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/09/01

ネット証券三社の米国株式取引手数料は横並びに

米国株式・ETFの取引手数料が大幅に引下げ!

9/25からの適用とのこと。

つい最近書いたここ
住信SBIネット銀行、ドル為替コストは4銭に
のコストは
SBI 0.2%
楽天、マネックス 0.4%
となりました。

ただ楽天は超割コースなるものがあるらしいのでポイントとかが気になる人は確認しておくといいかも。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/08/28

Amazonはあなたの友達ではありません

Amazonから全ての本を引き上げて過去最高収益を得る出版社とは?

”自分のビジネスの商品を誰かに手渡す前に、注意深く考えて下さい。Amazonはあなたの友達ではありません”

至言である。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/08/27

2017年8月21日~25日の取引

売:
TGT all
結局トータルリターンはわずかばかりの額となりました。あともういちどだけ配当金受取があります。

買:
MDT $3,000
長いことおちりすとに載っていたがようやく。
配当金にかかる税金が現地で20%、国内で20.315%、ちょっととられすぎです。

TGTからの乗換先としてまずMDTに投資しましたが、早々にどこかにあと$3,000投資する予定です。

ここ最近のAMZN攻勢に反して現時点の株価だけを見ると悲観的になりすぎている気もしますが・・・はたして。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/08/23

Lump Sum vs Dollar Cost Averaging

迷っているヒマがあるなら投資する!

引用します。

Vanguard社のシュミレーション
・米国は1926年から2011年までのすべての10年間の期間
・英国は1976年から2011年までのすべての10年間の期間
・豪州は1984年から2011年までのすべての10年間の期間
・投資アロケーションは株式インデックスファンド100%:債権インデックスファンド0%から、株式インデックスファンド0%:債権インデックスファンド100%まで変化(それぞれの国の株式市場インデックスファンドと国債インデックスファンドを使用)
・分散投資期間は、6か月、12か月、18か月、24か月、30か月、36か月まで変化

結果
2/3の場合でLump Sumの勝ち
1/3の場合でDollar Cost Averagingの勝ち

今はどっちの期間でしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/08/22

IBMブロックチェーン

Nestle, Unilever, Tyson and others team with IBM on blockchain

これは今日のニュースからですが、これまでにもいくつか活用事例はあってもいまだ業績に大きく寄与できるレベルではないという感じですかね。

ブロックチェーンでできること

Disclosure:Long IBM

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/08/20

ローカルプレイヤーが参入障壁を持つエネルギー機器市場

中国行きのスローボード、米国の急騰…じゃなかった給湯銘柄A.O.スミス(AOS)

いつもながら目の付け所が面白いK.さんの投稿です。

エネルギー機器でちょっと検索してみたのですが、こういうものがありました。

海外エネルギー機器市場における日本企業の課題と戦略

エネルギー機器市場は当該国におけるインフラ、規制、気候、歴史、文化、権利などが様々であることから海外企業の新規参入はハードルが高いとのことです。
このことから既に北米において一定のプレゼンスを確保しているA.O.スミスは、少なくとも人口動態と同程度には今後も長期的に成長が見込めそうですね。
わが国の同業リンナイは豪州やアジア諸国で1位、2位のシェアを保持していますが、どうやらかの国で引き離されてしまったシェアをここから挽回するのは難しそうです。
にしてもA.O.スミスはかの国にうまいこと入りこんだもんやなあと感心します。

それはそれとして知的資産創造はわりといい記事があるかもしれない。
買うと高いが2ヶ月たったら無料公開されるようなのでLinkに追加しておくとする。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/08/19

若者のFB離れ

例によってほんまかどうかわからないニュースタイトルからちょっと調べてみるとこれを見つけた。

ソーシャルメディアの普及

経年変化がわからないので離れているのかどうかなんともいえないがまあそれはおくとして。
日本ではフェイスブックとツイッターでも20代の利用率は50%程度とのこと。
思ったより少ないですね。ただN=200は調査母数としてかなりかなり少ないので信頼性には欠ける気がする。

この総務省の情報通信白書は「ネット動画視聴の広がり」だとか面白そうなものも含めてかなりのボリューム。
気になるひとは興味のあるところだけでも見てみては。
Linkにも追加しておいた。

intermission - 君の名は
新海誠の作品は以前からずっと見てきました。
ほしのこえ
雲のむこう、約束の場所
秒速5センチメートル
星を追う子ども
言の葉の庭
どの作品もよかったのですが唯一見ていないのが君の名はです。
なんというかメジャーになって誰も彼もが見ているような作品には尖った良さがないように思ったりするもので。
とはいえスターウォーズとかはがっつり見てるんですけどね。なんなんでしょうか。
まあいつか君の名はも見ますよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

いつまでもスニーカーが売れると思うなよ

てなところでしょうか。
あまりにもひどい下落なのでいくつかリンクを見てみると、

Sporting goods retailers trip on dismal results

トレンドは既に変わっていてアスリート系のアパレルやシューズ、アスリージャーはもうだめっぽいと考える人もいるようですね。
私としてはナイキのスニーカーはまだいけるんじゃないかと思っているのですが。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2017/08/18

2017年8月17日の取引

買:
MO $2,000

追加の予定なしとか言ったようなきもするが、言ったそばから忘却の彼方に追いやっているし、そんなことを覚えているひともいないだらう。
公開ポートフォリオにはまとめて計上しているが、実際には買った時期で別口座保有となっている。それぞれYoCは7.0%と3.7%
なお今回の投資を機にこれまで一社あたり投資額上限を100万円($10,000)としていたのを300万円($30,000)に引き上げることとする。
そういうわけでさらなる追加投資も検討中。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

VF CorporationがWilliamson-Dickieを買収

いまさらですが先日発表がありましたね。
市場にはおおむね好感されたもようです。

ディッキーズはワーキングウェアをグローバル展開している企業とのことです。
ワーキングウェアと聞いてすぐに思いつくのはCintas、ワークマン、自重堂あたりですね。
自重堂の配当利回りは現在4%を超えており、少なくともこの20年は減配なく増配傾向が続いています。据え置き期間もわりと長いですが。

Disclosure:Long VFC

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

Foot Locker Pre-Marketで21%の下落

先日のDKSの下落が思い出されます。
そしてやはりNKE,UAAあたりもまた下落しているもよう。
NKEはインするタイミングをはかっています。そうですただはかっているだけです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ